有機JASマークの青汁

【有機JASマークの青汁】
有機JASマークの付いたこだわりの青汁です。
希少な国産有機モリンガや桑の葉なども使用したスーパーフード青汁。
工場で大量生産したものではなく、農家さんが手作業で作ったものです。
しかも美味しい!
ラベルを作るだけでオリジナルにできます。

ハーブティーの打合せ

【ハーブティーの打合せ】
ハーブ園でオリジナル(OEM)のハーブティーの打合せです。

ハーブティーは、目的に合わせた数種類のハーブそのままをティーポットやティーパックに入れて、煮だしたりして飲むのが通常です。

しかし、それだとハーブ本来の効能としては薄くなります。

ハーブ全てを粉砕して粉末にすることで、ハーブに含まれる成分や栄養をまるごと摂ることができます。

手間暇はかかりますが、それだけ強力です。

ちょっと試飲しただけですが、帰りの高速で我慢できずに途中でパーキングに寄らないといけないぐらい利尿効果がすごかったです。

【化粧品工場での一コマ】

化粧品工場でオリジナル商品(OEM)の打合せ。

打合せをしている部屋から作業しているところが見学できます。

ちょうど、最後の仕上げのところでした。
機械で自動ではできない工程で一つ一つ丁寧に作業されてます。

こういった場面を見学すると商品に対する愛着と一つ一つの商品を大事にしようという気持ちが湧いてきます。

ご希望のクライアントさんには製造の時に見学してもらえるように段取りしています。

桑の葉サプリ試作

【桑の葉サプリ試作】
桑の葉を配合した水に溶かして飲むタイプのオリジナルサプリ(OEM)の試作。

濃い方がもちろん配合量も多く、濃度が濃いですが、今度は味がまずくなります。

濃度と味のベストバランスを見つけるために試作を繰り返します。

 

まつ毛美容液(OEM)試作

【まつ毛美容液OEM】
人幹細胞入りのまつ毛美容液の試作。

まつ毛美容液にもたくさんの種類があります。
今回は、まつ毛美容液での実績をしっかりもってる工場に依頼しました。
しっかり結果が出る処方に加えて、国産の人幹細胞を配合した試作です。

今回は、たくさんの人数で試したいという要望で、試作も多めに作ってもらうように工場にお願いしました。

さあ、伸びるかな~。

 

サプリOEM用スプーン選び

【スプーン選び】

オリジナルサプリ(OEM)で粉末タイプをアルミの袋に入れた商品の開発。

粉末タイプのサプリを入れるアルミ袋の中にスプーンを入れたいとの依頼。

小さ過ぎたら、埋もれてしまう。

大き過ぎたら、邪魔になる。

スプーンも沢山の種類があります。

頃良い感じのものを探すのも大変です。

化粧品OEM用の箱完成

【基礎化粧品シリーズ箱】
エステサロン向けに販売するための
OEM化粧品ラインナップのコーディネート。

シリーズの箱が3種類完成しました。

紙質、箔押し、エンボス加工とこだわりが詰まった箱です。

今回、箱の製造を依頼した会社は、ジュエリーなどの箱を得意としている会社で、
色々な箔を自社で所有しています。

自社で所有しているから、沢山の種類から選べる、少ないロットでも箔を使えるというメリットがあります。

化粧品OEMのコーディネートの場合、工場の手配だけでなく容器や箱の手配、リーフレットやチラシなどのコーディネートまでを行うのがギバーズの特徴です。

オリジナルアロマ

【オリジナルアロマオイル】
目的に合わせたオイルケアを行っているサロンからの要望で

和をベースにしたヘッド用のアロマオイル。

ヨモギをベースにしたアロマオイルで試作。

太陽にかざすとキレイなグリーンですね。

サプリメントの形状も色々

今回は、完全オリジナル(OEM)のサプリの試作についてです。
アミノ酸を配合した若返りを目的にしたサプリの依頼です。

サプリメントには色々な形状があります。

錠剤、カプセル、顆粒、粉末、液体

それぞれにメリットデメリットがあるのですが、その辺はまたの機会にご説明させてもらいます。

 

今回の試作はハードカプセルタイプです。

カプセルタイプにも「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」があります。

ハードタイプは粉末などを詰めるのに使われ、ソフトタイプは液体を詰めるのに使われます。

 

大きさも3~4種類あって、1つのカプセルにどのくらい入れるかで大きさを変えます。

大き過ぎると飲みにくくなりますが、小さいと沢山の量を飲まないといけなくなったりで、なかなか悩ましいところになります。

 

ハードカプセルの素材も動物由来のゼラチンでできているものが主流ですが、今回頂いている案件は素材にもこだわりたいという要望なので植物由来のものを使っています。

 

まずは、この試作で形状と中身が決まったら、次は容器やデザインになります。

まだまだ決めないといけないことは多いですが、少しずつ形になっていくのは楽しいものです。

工場見学

工場見学に行ってきました。

食品加工を行う工場なので、衛生管理が徹底されています。

作業を行っているスペースに入るのには入念な工程があります。

防塵服に着替え、手洗い、ローラーかけ、エアシャワーを徹底して行っています。

1つの部屋でそれを行い、やっとエアシャワーを通って次の部屋に入ったと思ったら

同じ工程をもう一度行います。

さっき着替えたばっかりなのに・・・結構めんどくさいです。

中に入るまでに20分ぐらいかかったと思います。

今回はスティック充填を見学させてもらいました。

なんと、この機械ですが、1つの商品の充填が終わるたびに隅々まで清掃を行います。

パーツによっては分解して清掃を行うそうです。

製造する時間より清掃している時間の方がかかるときもあるそうです。

衛生的な面もありますし、他の商品の成分が微量でも混合しないようにするためだそうです。

商品になるまでには多くの方の時間と労力がかかっていることを工場見学に行くと毎回痛感させられます。

オリジナル商品(OEM)を作っているサロン関係の方を連れていくこともありますが、

オリジナル商品(OEM)に対する愛着も沸きますし、一つ一つの商品を大事にしないといけないなという思いが強くなります。